返信は全文引用で!

メールをもらったら、その返事を書くことも多いですよね。

特にビジネスの場合は、その返信のメールには、
相手のことも考えて、返信を書きましょう。

よく問題になるのが、
相手からのメールをどこまで引用するのか?
ということです。

全く引用しないというのは、さすがにないと思いますが、
必要なところだけ引用すればいいのか、全文引用するのか悩みますよね。

 

では、ここで、返信された場合を考えて見ましょう。

必要なところだけ引用されたとして、
返事が書かれていたとします。

ところが、最初にメールした方は、その引用部分ではなくて、
別のところに重要なことを書いていたとすると、どうなるでしょうか?

ひょっとして、書き落としてしまったのかと思いますし、
あるいは、書いていなかったのかと元のメールを読み直すことになるでしょう。

 

これは、大きな時間の無駄ですよね。

だからこそ、全文引用しておけば、お互いに勘違いないですし、
間違いも少なくなります。

 

それから、ビジネスではよくあることなのですが、
何度もメールをやりとりすることもあります。

この場合も、基本は、全文引用です。

なんどもやりとりしていると、
引用が長くなりすぎると心配しますが、それ以上のメリットがあります。

 

それは、今までの経緯がすべて分かるからです。

いちいち以前のメールをみなくても、
引用されているのをさらっと眺めるだけで、分かるので、
全文引用をしている方が、明らかに効率的に仕事が進みます。

このように、ビジネス・メールでは、全文引用するのがいいでしょう。

 

 

【「ビジネスメール活用編」TOPへ戻る 】

お名前: PCメールアドレス:
>>

[ メルマガの詳細はこちら ]

このページの先頭へ

FXってなんなの?