メールに登録する名前にも工夫を

メールには、誰からのメールか分かるように
Fromにメールアドレスと名前が表示されます。

この表示される名前ですが、
これは、送信側で決めた文字が表示されているのですよね。

なので、メールソフトで、ちょっと工夫すれば、
ビジネスでは、使いやすい名前にすることができます。

 

メールの使い方とか、設定の説明とかを読むと、
一般的には、名前を書きましょうとしか書かれていません。

例えば、鈴木太郎さんなら、

  Tarou Suzuki
   鈴木 太郎

といった書き方をするように説明されています。

 

しかし、ビジネスでのやりとりを考えると、ちょっとこれでは、工夫が足りません。

ひょっとしたら、メールを受け取る側からすると
A会社にも鈴木さんがいるし、B商店にも鈴木さんがいて、
さらに、社内にも鈴木さんがいるかもしれません。

そうなると、メールの一覧で、「鈴木」と表示されても
どの鈴木さんなのか、メールを開いてみるまで分からないということになります。

場合によっては、勘違いされて、違う鈴木さんのメールだと思って、後回しにされたり、
勘違いされたメールの返答をもらうかもしれません。

 

なので、ここでは、ちょっと工夫して

  ○○商事 鈴木太郎

といった設定をしておきましょう。

 

そうすると、あなたのメールを受け取った人は、勘違いが少なくなりますし、
電話で、「メール、確認してもらえました?」といった場合にも
すぐに見つけてもらえるようになります。

ビジネスのメールでは、
相手に自分のメールを見つけやすくする工夫が大事です。

 

 

【「ビジネスメール活用編」TOPへ戻る 】

お名前: PCメールアドレス:
>>

[ メルマガの詳細はこちら ]

このページの先頭へ

FXってなんなの?