メールのCcって何でしょう?

メールを書くときに、Toは送り先のアドレスを書くというので分かるのですが、
それ以外にCcというのがあります。

試しにやってみると分かるのですが、
ToでもCcでも同じように相手にメールは届きます。

だったら、ToでもCcでも同じじゃないの?って思いますよね?

メールの仕組みとしては、全く同じです。

まったく同じようにメールが届きますし、
そこに書かれた全員に返信メールを書くと、同じように届きます。

では、なぜ、Ccなんてあるのでしょうか?

 

これは、メールの仕組みというよりも、
ビジネスの仕組みとして必要になったからなんです。

Ccは、カーボン・コピーを略したもので、
今では、ほとんど見ることが少なくなったカーボン紙を使った写しをとることですね。

宅配便の送り状なんかは、カーボン紙になっていて、
1枚書けば、その下の紙にも同じように写しができています。

これと同じことをメールでも表現しているのがCcなんです。

 

具体的には、あなたが、お得意様宛にメールを出すとします。

お得意様に提出するのですから、
Toには、お得意様のメールアドレスを書くのは当然です。

しかし、
メールの内容は、上司にも知っておいてもらいたいですし、
また、お得意様にもいつも一緒に訪問している上司も了解してる内容だと伝えておく必要があります。

そこで、
Ccで上司のアドレスを入れておくことで、
上司には、お得意様にメールを送ったことを報告したことになりますし、
お得意様にも上司も知っている内容として話がしやすくなります。

 

このような使い方をすることで、
よりスムーズにビジネスを進めることができる仕組みなのです。

 

 

【「ビジネスメール基礎編」TOPへ戻る 】

お名前: PCメールアドレス:
>>

[ メルマガの詳細はこちら ]

このページの先頭へ

FXってなんなの?