HTMLメールって何?

メールは、テキストの文字ばかりなので、なんとなく、物足りないように感じます。

文字の大きさも均一ですし、
携帯メールのように絵文字とかも使えないので
まさに、味気のないテキストになってしまいますよね。

 

そこで、文字だけでなく、メールを開いたときに
画像や写真、文字の大きさを変えたり、色をつけたりできるように
HTMLメールというのもが出てきました。

HTML(エッチ・ティー・エム・エル)というのは
ホームページを記述するときの言語で、
画像や写真、文字の色や大きさを変えて表示することができます。

これをメールにも応用したのがHTMLメールなのです。

これを使うことで、今までにないカラフルなメールや、
文章中に写真や図を掲載することもできるようになりました。

 

このHTMLメールは、社内メールや、ビジネスの取引では使われることは少ないのですが、
企業から、消費者やお客さんに向けて使うことが少しづつ増えてきています。

以前は、HTMLメールを使うと、データ量が多くなり、受信するのに時間がかかったり、
表示するのにも時間がかかるので、嫌がられていたのですが、
ブロードバンドが広まり、パソコンの性能も上がってきたので、
今では、多くの企業が広告や宣伝のために使っています。

 

ただ、一つだけ注意しないといけないことがあって、
すべてのメールソフトがHTMLメールに対応しているのではないということです。

また、返信の時に、引用するのが、HTMLメールでは、やりにくいということもあって、
ビジネスのやりとりでは、テキストメールが一般的です。

HTMLメールは、目的や使う場面を考えて利用しましょう。

 

 

【「ビジネスメール基礎編」TOPへ戻る 】

お名前: PCメールアドレス:
>>

[ メルマガの詳細はこちら ]

このページの先頭へ

FXってなんなの?