重要度の設定

ほとんどのメールソフトには、メールの重要度を指定できるようになっています。

例えば、Windows Live Mailなら、メール作成の画面で、
上に「高」と「低」とあるのがそれです。

「高」をクリックすると、重要度が高く設定され、
「低」をクリックすると、重要度が低く設定されいます。

 

このように設定されたメールを受信すると、
そのメールのタイトルの横にビックリマークがついたりします。

ビジネスでは、いろいろなメールがやりとりされるので、
見逃さないで欲しいということでこの機能を使う場合があります。

 

ただ、この重要度は、全てのメールソフトに対応してるわけではありません。

また、最近は、迷惑メールがわざと、
この重要度を「高」にして送ってきたりするので、無視されることも多いようです。

 

それに、時々、なんでもかんでも重要にしてしま人がいますが、
これでは、狼少年じゃないですが、「またか・・・」って思われて、
本当に重要なメールも読んでもらえないということにもなりかねません。

 

それよりも、重要な内容であるということを伝えるのは、
メールのタイトルにしっかり書いて工夫しましょう。

ビジネスでは、重要なメールも、
どうでもいいような売り込みメールや、迷惑メールなどが、一緒になって届いてきます。

だからこそ、受け取った側の気持ちに立ってメールを書くことが大事なのですね。

 

重要度を「高」にするのは、便利なようで、使い方を間違うと、何も意味を持ちません。

ここぞ!というときに取っておく切り札のように考えておく方がいいでしょう。

 

 

【「ビジネスメール基礎編」TOPへ戻る 】

お名前: PCメールアドレス:
>>

[ メルマガの詳細はこちら ]

このページの先頭へ

FXってなんなの?