相手がメールを開いたかどうかを知る

封書を郵便で送った場合、
本当に相手が読んだかどうかというのは、分かりません。

書留郵便とかありますが、あれも、相手に届いたってことは分かりますが、
その後、開封したかどうかはわかりません。

 

ところが、電子メールには、相手がメールを開いたかどうかが分かる機能があります。

開封通知といわれる機能で、
相手がメールを開くと「開封されました」という通知メールが届くのです。

これを利用するには、メールを送るときに、開封通知の要求というのをチェックすれば、OKです。

Windows Live Mialを使っているならメール作成画面で、
右にあるプルダウンメニューから「開封確認メッセージの要求」を選択します。

この開封通知の要求が指定されたメールを受け取ると、
メールソフトが自動的に返信メールを作成し、開封通知メールを送るようになります。

 

ただ、この機能、便利なのですが、万能ではありません。

メールソフトの設定にもよるのですが、
一般的には、開封通知の返信メールを送ってもいいかという確認があるのですね。

その画面で、「いいえ」と押してしまえば、開封通知メールは送られません。

そうなると、開封通知メールが届かないので、
相手が開封しているかどうかは、分からなくなってしまいます。

 

また、なんでもかんでも、出すメールに開封通知をつけていると、
受け取った側からすれば、いちいち返信を送るかどうかの確認が出てくるので、
うっとおしいメールになってしまいます。

それに、送った側も、自分が出したメールの数だけ開封通知メールが届くようになると、
どれがどれの開封通知か確認が面倒になり、開封通知の意味がなくなってきます。

さらに、迷惑メールの中には、開封通知を指定して、送りつけ、
相手がメールをどのようなタイミングでチェックしているのか、
迷惑メールでも読んでしまうのかをチェックしていたりします。

 

開封通知は、便利な機能ではあるのですが、必要以上に使わないことや、
開封通知メールが届かないからといって相手が読んでいないと思い込まないようにしましょう。

 

 

【「ビジネスメール基礎編」TOPへ戻る 】

お名前: PCメールアドレス:
>>

[ メルマガの詳細はこちら ]

このページの先頭へ

FXってなんなの?