メールの仕組みって?

インターネットが広がって、
電子メールは、当たり前のように使われています。

携帯電話でもメールが利用できるようなって、
小学生からおじーちゃん、おばーちゃんまでもがメールを使っています。

ビジネスでメールが使えないなど問題外ですよね。

 

でも、その電子メールって、どんな仕組みなのでしょうか?

なんとなく分かっているようで、
よく分からないのではないでしょうか。

メールの基本的な仕組みを知っていれば、トラブルにも対応できるようになりますし、
効果的なメールの書き方も分かってきます。

基本的なメールの仕組みを覚えておきましょう。

 

あなたがメールを出すときには、
どういうことが起きているのでしょうか?

ビジネスで取引相手にメールを書いたとしましょう。

この時、メールのデータは、まだパソコンの中にあります。

送信を行ったときに、メールのデータが、初めてインターネットの中を通っていきます。

 

ただ、直接、取引相手のパソコンにデータが届くのではなくて、
まずは、契約しているプロバイダーのサーバに送られます。

受け取ったサーバは、メールアドレスを見て、
その届け先である取引先のメールアドレスのサーバに送ります。

その後、取引相手がパソコンの電源を入れてメールの受信操作をすると、
メールサーバからパソコンにメールのデータが送られてきます。

 

そうやって、あなたのメールは無事、
取引相手のパソコンに表示されるようになります。

なんか、ややこしく感じますが、ここでのポイントは、
送るときにサーバというものを経由していることを覚えておきましょう。

 

 

【「ビジネスメール基礎編」TOPへ戻る 】

お名前: PCメールアドレス:
>>

[ メルマガの詳細はこちら ]

このページの先頭へ

FXってなんなの?