メール添付の仕組みはどうなってるの?

メールは、全世界の共通の決まりごとに従って、送受信されています。

だから、世界中の人たちが、電子メールを利用できるんですね。

 

その共通の決まりごとでは、
メールは文字しか送受信できないことになっています。

え? 
添付ファイルで、画像や音声なんかも送ることができるって?

ええ、そうなんです。

文字しか送ることができないはずなのに、
なぜか、画像や音声など、デジタルになっているものなら、何でも送ることができるんです。

 

なんか、不思議ですよね?

実は、これ、ちょっとした工夫がされているんです。

 

コンピュータは、デジタルで処理されているのはご存知ですよね?

デジタルであるということは、0と1の世界です。

文字だろうが、画像だろうが、音声だろうが
すべて、0と1の組み合わせなんです。

 

そこで、ある人が、思いついたんですね。

0と1の組み合わせを文字に置き換えればメールでなんでも送ることができる!って。

 

例えば、デジタルデータを文字に置き換えるのに

00 = あ
01 = い
10 = う
11 = え

と置き換えるというルールを作ると

デジタルデータ01101101というのは、
「いうえい」という文字に置き換えることができます。

 

文字になれば、メールで送れます。

受け取った側は、先のルールに従って元のデータに戻すことができるのです。

こういうことが、添付ファイルでは行われているのです。

こうすれば、デジタルになってるものなら、
画像でもプログラムでも動画でもメールで送ることができるのです。

 

 

【「ビジネスメール基礎編」TOPへ戻る 】

お名前: PCメールアドレス:
>>

[ メルマガの詳細はこちら ]

このページの先頭へ

FXってなんなの?