メールの転送って?

ビジネスでのメールを使っていると、
あなた個人に届いたメールであっても会社内で他の人に見てもらうメールもあります。

例えば、新商品のお問い合わせとか取材の申込みとかになると
自分だけでは回答できないこともありますからね。

そういうときは、メールを転送します。

メールの転送というのは、
届いたメールをそのままの形で、他の人にメールすることを言います。

 

ここで注意しないといけないのは、
メールの本文がそっくりそのまま引用されているのではなくて、
Fromのメールアドレスや、届いた日時などのヘッダー情報もそのまま転送されるのですね。

こうすることで、
いつ、だれから誰に届いたメールなのかをはっきりと分かるようにしています。

もし、このヘッダー情報がないと、
いつ届いたものなのか分からなくなったり、そもそも、誰から届いたものなのか分からないので、
他の人が代わりに返事をメールしようとしてもどうしていいか分からなくなります。

 

転送をするには、転送したいメールを選んで、
「返信」ではなく、「転送」を選択します。

後は、メールを送るとのと同じで、
送りたい相手のメールアドレスを送り先に指定すれば、OKです。

 

また、なぜ転送してきたのかを書いておきましょう。

いきなり転送されてきても、なぜ転送してきたのか、
相手には理解できないですからね。

 

ビジネスでは、メール転送は、結構、使います。

ですので、しっかりとマスターしておきましょう。

 

 

【「ビジネスメール基礎編」TOPへ戻る 】

お名前: PCメールアドレス:
>>

[ メルマガの詳細はこちら ]

このページの先頭へ

FXってなんなの?