Webメールはどんなもの?

一般的には、メールを使うには、メールソフトを利用します。

そこに、メールサーバからメールを取り込んだり、
逆に、書いたメールをメールサーバに送って送信します。

これに対して、
Webメールというのは、ブラウザで、送受信できるメールになります。

Webメールのページにログインすると、受信メールの一覧が表示され、
そのタイトルをクリックすると、メールの内容が表示されます。

メールを作成したり、返信するときは、相手のメールアドレスや、
本文を入力するフォームが表示され、
そこに書き込むことでメールを送ることができます。

 

Webメールのメリットは、
他の人のパソコンを借りてメールをチェックしたり、
メールを送ったりすることができることにあります。

例えば、外出先で、ノートパソコンを持っていなくても、
インターネットカフェなどでメールをチェックすることができます。

また、最近のWebメールでは、携帯電話に対応しているものもあるので、
携帯からインターネットにアクセスしてメールをチェックすることもできます。

 

ただ、このWebメールにも欠点はあります。

まず、インターネットにつながっていないと何もできないってことですね。

メールソフトでパソコンに取り込んでいる場合は、
ネットにつながっていなくてもメールを読んだり、返信を書いて、
後でネットにつないで送信するとかできます。

でも、Webメールでは、読み書きしてる間、
ずっと、ネットにつながっていないと何もできないのですね。

 

それから、もう一つは、他の人のパソコンを利用してログインしたままにしていると、
他人にメールを読まれたり、あるいは、なりすましメールを送られてしまう可能性が出てきます。

特に、
不特定多数の人が利用するインターネットネットカフェでは、
気をつけないと席を離れた隙に、使われたりするので要注意です。

 

 

【「ビジネスメール基礎編」TOPへ戻る 】

お名前: PCメールアドレス:
>>

[ メルマガの詳細はこちら ]

このページの先頭へ

FXってなんなの?