複数のパソコンでメールを読み書きしたい

ITを活用している企業になると、パソコンは一人2台とか、3台になってきます。

また、社内では、自分の席にあるデスクトップを使って、
出張には、専用のノートパソコンを持っていくといったことをやっている企業もあります。

出張専用のノートパソコンを使うのは、
セキュリティや情報漏えい対策なんですね。

いつも使っているパソコンを持って出ると、
出張には関係のない情報も持ち出すことになり、
万が一、ノートパソコンを紛失したり、盗まれたりすると、大変なことになります。

そこで、出張には、専用のノートパソコンにして、
最低限の情報だけを持ち出すようにしていたりします。

 

しかし、複数のパソコンを使っていると、ちょっと困ったことが・・・。

その一つはメールですよね。

いつもは、自分の席にあるデスクトップのパソコンを使っていて、
出張にノートパソコンを持っていく。

以前、やりとりしたメールの内容を確認しようと思っても、そこには入っていないので、
出張先のホテルでは、確認できないということになります。

 

このような場合に備えるためには、常に両方のパソコンを使うことが一つの方法です。

その時に、注意するのは、メールサーバにメールを残すという設定をしておくことですね。

そうやって、メールサーバに残したままで両方にメールが受信されるようにしておきます。

こうやって両方で受信しておくと、過去のメールもすべて残るので、
ノートパソコンを持ち出しても慌てることがありません。

 

ただ、出張先で必要ではないメールも持ち出すことになるので、
セキュリティ上は、問題になることがあります。

企業によって運用ルールが違いますので、システム管理者に確認するようにしてくださいね。

 

 

【「メールトラブル解消編」TOPへ戻る 】

お名前: PCメールアドレス:
>>

[ メルマガの詳細はこちら ]

このページの先頭へ

FXってなんなの?