間違って送ってしまった!

メールアドレスって、分かりやすければいいのですが、
アルファベットで書かれているので、どうしても、打ち間違いって起きてしまいます。

分かりやすいように、その人の名前にしてるところも多いのですが、
佐藤さんとか、鈴木さんとかは同じ社内に複数いたりするので、
1とか2とかつけてるところもありますよね。

それから、ローマ字表記では「つ」を、tuと書く人と、tsuと書く人がいて、
これも混乱するのですよね。

気をつけてはいても、慌てていると、打ち間違えてしまったり、
あるいは、アドレス帳に登録してるところから選ぶにも、
マウス操作をちょっとミスってしまって、別の人のアドレスをクリックしてしまうこともあります。

 

メールの面倒なところは、
一旦、送信してしまうと取り消しができないところ。

あっ!!って思っても、もう、後の祭り。

どうにもなりません。

 

こんなときは、すぐに、お詫びのメールを送りましょう。

簡単な文章でいいので、気が付いたらすぐに送ることがポイントです。

具体的には、

 当方の操作ミスで、誤ってメールをお送りして しまいました。申し訳ありません。
 お手数ですが、先のメールは、破棄願います。
 大変、失礼しました。

こんな内容でOKです。

 

それと、誤って送ったメールのタイトルや送信日時を書いておきましょう。

そうしないと、どのメールが誤って送られたのか
相手には、分からなくなって、さらにトラブルを生みます。

 

まずは、すぐにお詫びのメールを送る。

これが、基本です。

 

 

【「メールトラブル解消編」TOPへ戻る 】

お名前: PCメールアドレス:
>>

[ メルマガの詳細はこちら ]

このページの先頭へ

FXってなんなの?