ウィルスが心配で…

インターネットは、学術関係で利用されてたこともあって、性善説に基づいています。

つまり、基本的には、悪意を持って使う人はいない、ということですね。

だから、本質的なところで、
インターネットは、悪意を持って使う人には弱いつくりになっています。

メールに関連するコンピュータ・ウィルスなども、その一つです。

 

メールには、文字だけでなく、
いろいろなファイルを添付することができます。

メール・ソフトは、
添付されたファイルを自動的に解析して、クリックするだけで開くようになっています。

画像や、ワード、エクセルなどのファイルを、
いちいちプログラムから開くのは面倒なので、このようになっています。

しかし、自動的に開いてしまうことを悪用して、
ウィルスを添付ファイルにすることで、知らずにウィルスに感染させてしまうのです。

こうなると、なかなか素人には、区別することは難しいですし、
最近のHTMLメールでは、メールを開くだけで感染してしまうこともあります。

 

ウィルスには、ウィルス対策ソフトで対抗する。

もう、これしかありません。

 

具体的な方法としては、2通りあります。

まず、一つ目は、
あなたの使っているパソコンにコンピュータ・ウィルス対策ソフトをインストールする方法です。

しかし、大手企業では、
何十台、何百台ものパソコンにインストールするのは大変です。

 

そこで、もう一つの方法があります。

メール・サーバでウィルス対策をしてしまうという方法です。

これだと、全てのメールをチェックするので、
個別にウィルスメールの対策をする必要はありません。

 

どちらにも一長一短があるので、
勤務している会社では、どちらの方法で行っているかを確認しておきましょう。

 

 

【「メールトラブル解消編」TOPへ戻る 】

お名前: PCメールアドレス:
>>

[ メルマガの詳細はこちら ]

このページの先頭へ

FXってなんなの?